スポンサーサイト  このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

8,980円でNEXUS7を超える?!激安中華PAD(タブレット) CUBE U9GT4レビュー  このエントリーをはてなブックマークに追加

久しぶりに中華PADを買いました。

激安高性能7インチタブレットU9GT4

NEXUS7にiPad mini、Kindleをはじめとした、7インチ級タブレットが今まさにブームの兆しが見えています。
NEXUS7も1ヶ月で100万台を売ったと報じられていますし、実際に身近に購入を検討していたり、すでに買ってしまった知り合いも沢山います。

といってもタブレットを買って一体何に使えばいいんだろう?と思う人も多いと思います。
すでに買ってしまった人々に何に使っているか聞いてみると、ブラウザやゲームなどの本来のタブレットとしての用途はもちろん、多くの方が電子書籍を読むことに使っているようです。
Kindleの日本上陸で多くの電子書籍が容易に入手可能になりました。Androidを含むマルチプラットフォーム展開をしているおかげでデバイスの制限無く見ることができます。

これを安価に実現しようと思うと、中華PADのお出ましです。

NEXUS7も19,800円からと、非常に安価に登場して話題になりましたが、まだまだ中華PADの安さには勝てません。
製品としての完成度は決して高くありませんが、絶対金額を少しでも惜しんで、かつトラブルも楽しむ(!)向きには中華PADも侮れません。

今回購入したCUBE U9GT4は、たったの8,980円でした。
1回飲みに出た積もりで十分買えます。
今のところ残念ながら(?!)トラブルもなく、安定して動作しています。

さて、それでは写真を交えてレビューをしていきましょう!

激安高性能7インチタブレットU9GT4

まずは簡単にスペックを紹介します。

■メーカー CUBE
■型番 U9GT4
■OS Jelly Bean OS (Android 4.1)
■CPU RK3066 Cortex-A9×2 (デュアルコア、1.5GHz)
■GPU ARM Mali400 MP4(4コア)
■メモリ DDR3 1GB
■ストレージ 8GB(システム領域含む)
■公式マーケット対応
■Gセンサー あり
■GPS なし
■液晶 静電容量式5ポイントマルチタッチスクリーン
■画面サイズ 7インチ(1024×600) AFFS液晶
■通信機能 802.11 b/g/n
■カメラ 内向きのみあり
■外部メモリ Micro SD(Max32GB)

同スペックの中華PADはいくつかありますが、価格はU9GT4が抜きん出て安いです。

ほぼ最新のOSが乗っていますし、CPUやGPUも中華PADでは最高といえるスペックのものが採用されています。
Quadrantでベンチマークを取ると3947でした。
知り合いのNEXUS7が3764でしたので、ベンチマーク上ではTegra3を積んだNEXUS7より速いということになります。
実際に触れてみても、CPUとGPUの速さが十分に感じられます。

激安高性能7インチタブレットU9GT4

フォントも怪しげな中華フォント(日本語が少し微妙なフォント)ではなく、きちんとした純正の日本語フォントでした。
今回購入した赤札天国の出荷時の仕様でrootが取った状態でしたので、少々何かがあっても自分で対処可能です。

激安高性能7インチタブレットU9GT4

外枠のサイズはiPad miniとほぼ同じ大きさで7インチですので、1インチ分、額縁部分が広いです。
しかし、本物を持ってみると、思ったほど気になりません。

激安高性能7インチタブレットU9GT4

重さもまあこんなものでしょう。
実測で336gでした。
片手で持つことも可能ですし、他のタブレットに比べて特段重いということもありません。

本機はIPSを超えるAFFS液晶との謳い文句ですが、実際の映りは見るまでは半信半疑でした。
ドキドキしながら起動してみましたが、思ったより綺麗で視野角も相当広いです。
解像度は1024x600なので、RetinaのiPhone5等と比べると精細感は今ひとつです。
人間の慣れとは怖いものです。
しかし、kindleアプリを入れましたが、電子書籍リーダーとしても十分使えるレベルです。
明るさも十分です。

本体自体の作りはしっかりしていて、中華PADの域を超えている気がします。
ただし、1つだけ残念なところがあります。
ボタンの作りがおもちゃっぽいです。
でも、よーく見ると、実は狙ったんじゃないかと思いはじめました。
実は、MicroSDスロットにカードを入れると、ボタンと同じ程度にはみ出す構造になっています。
MicroSDを刺すと、ボタンとカードが同じように見えるようになっています。
褒めていいのか分かりませんが、”デザイン的”にある意味よく考えられている作りです。

激安高性能7インチタブレットU9GT4

音量は最大にしてもわりと小さめです。
普通に静かな部屋で聞くと十分大きいですが、車載で鳴らす場合など周りがうるさい場合は、外部スピーカーを鳴らすなど何か別の手段を考えた方がいいと思われます。

インカメラの映りはそこそこです。
試写するとむさいオッサンの顔が綺麗に撮れました。
後悔しそうなので公開はしません。
ビデオチャットの用途なら十分すぎる性能です。

画面の操作感ですが、ガラスの滑りが若干悪い気がするので、滑りのいい保護シートをお薦めします。
私も保護シートを付けましたが、軽く操作しているとたまーに言うことをきかないことがあります。
若干強めに押す(といっても、感圧式のようなことはない)と滑らかに言うことをきいてくれます。
おそらく保護シートを外せば、こんな事もなくなるでしょうが、滑らかさとのトレードオフです。
昔の中華PADのように、押しても反応しないとか、妙なところがタップされるといった、おバカな仕様はないようです。
ハズレ個体を掴まない限りでは大丈夫なようです。
充電中でも空気タップは発生しません。

Wifiも20~30Mbps程度は出ます。
最近のAinol製品のようなことはないようです。

激安高性能7インチタブレットU9GT4

初期アプリに中国語の怪しげなアプリがいくつかプリインストールされています。
気持ちが悪いので、さっさと強制停止してしまいました。
rootがとれているので、アンインストールアプリを使えば消せるかもしれませんが、今はまだ残っています。

激安高性能7インチタブレットU9GT4

バッテリーはかなり持ちます。
購入状態で80%程度充電された状態でしたが、0になるまで丸1日かかりました。
その間、電源は入れっぱなしで、Wifiで断続的に3~4時間は使ったのではないかと思います。
バッテリー容量は約3000mAhと若干少なめですが、このくらい持てばいいのじゃないでしょうか。
電池0%の時のスクリーンショットを取り忘れたため、このスクリーンショットは現在の電池状況です。
ちなみに、スクリーンショットの取り方は、電源と音量小ボタンの長押しです。

激安高性能7インチタブレットU9GT4

起動時間はTegra2のIconia A200に比べて半分くらいの時間で立ち上がります。
用途によりますが、いざというときに電源ONするつもりでも、そんなに困らないかもしれません。


ということで、今のところ問題なく使えています。
お薦めできるレベルと思います。
昔購入したEKEN M001の悪い思い出が吹き飛びました。

また新しい情報がありましたらレポートしたいと思います。


店の回し者ではないですが、一応購入した店舗の紹介です。
迅速な発送で商品も問題ありませんでしたが、代引き(420円)だけの対応になります。
失礼ですが、中華PADを扱っているようなお店で銀行振込は使うべきではないと思います。
代引きだけで十分と考えます。
そしてこのお店、格安で修理を受け付けてくれたりと、非常に好感が持てる店です。

○赤札天国 CUBE U9GT4
http://akafudatengoku.com/products/detail.php?product_id=3620

赤札で購入すると最初からrootが取れていますが、他から入手した場合のrootの取り方等、wikiからの転載です。

|[ファームウェア更新手順]
|①本体の電源を切りUSBケーブルでPCと接続
|②付属のRKBatchToolを実行し更新するFWのimgファイルを指定
|③音量UPを押しながら電源ON(真っ暗なら成功)
|④(初回のみ)自動的にドライバがインストールされる
|自動的にされない場合手動でインストールする
|⑤ランプが緑色になっていれば昇級ボタンを押す(抜かないように!)
|[root化]
|N70dualcore Jelly Bean Script v0.5
|DL: http://www.mediafire.com/?k5af8x6rky2slg9
|[CUBE U9GT4 Firmware 1.01]
|http://www.86pp.com/download_view.asp?id=736#.UJcOv8WUMbA
|[CUBE]
|http://www.cube-tablet.com/
from http://www37.atwiki.jp/china_pad/m/pages/204.html?guid=on

それでは、皆さんもハッピータブレットライフを!

スポンサーサイト
( 2012/11/11 11:30 ) Category android | TB(0) | CM(4)

激安IIJmio 128kbpsプランがイオンで販売開始。しかも特典付き!  このエントリーをはてなブックマークに追加

IIJmioの128kbpsプランがイオンで買えるようになりました。

IIJmio イオンプラン

IIJmioが提供しているdocomoのLTE回線を使ったMVNO、高速モバイル/Dが、イオンで販売開始しました。

○イオンとIIJがデータ通信サービスの販売で提携
http://www.iij.ad.jp/news/pressrelease/2012/0830.html
イオンリテール株式会社(本社:千葉県千葉市、代表取締役社長:村井正平、以下イオンリテール)と株式会社インターネットイニシアティブ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木幸一、以下IIJ)は、IIJが個人向けに「IIJmio(アイアイジェイミオ)blank」のブランドで提供している高速通信規格「LTE」に対応したデータ通信サービスを、9月1日より、本州と四国の総合スーパー「イオン」200店舗にて販売開始いたします。

このたびイオン専用のサービスとして提供する「IIJmioウェルカムパックforイオン」(以下本サービス)は、NTTドコモのLTE網に対応したデータ通信用のSIMカードを販売するサービスです。本サービスの料金プランとして「ミニマムスタート 128プラン」を選択した場合、月額945円で128kbpsの通信速度のデータ通信が使い放題となります。また、11月30日までにお申し込みいただいたお客さまには、100メガバイト分の高速通信が体験できるクーポン(下り最大75Mbps、上り最大25Mbps)をイオン限定の特典としてお付けいたします。

IIJmioサービスは、これまで専用Webサイトでのみ販売しており、店頭での販売は今回が初めてとなります。従来はIIJmioホームページで申し込みいただいた後、SIMカードが届くまで数日間かかっていましたが、本サービスでは、お客さまが店頭でSIMカードを同梱したパッケージを購入後、IIJmioホームページで契約するプランを選択して申し込みが完了すると、即時にサービスが利用可能となります。

しかも、普通にIIJで契約するよりお得な、お試しクーポン付き!
100MB分、128kbpsの縛りが解かれ、下り最大75Mbps、上り最大25Mbpsの通信が可能となります。

本家本元の高速モバイル/Dと同じ回線・同じ帯域を使用しているものと考えられます。
高速モバイル/Dの方は、サービス開始から数ヶ月経過した今、どの程度のスピードが出ているか、スピードテストのアプリで確認してみました。

iijmio スピードテスト

非常に混雑する平日昼休み時間帯でも60kbps程度は出ています。

iijmio スピードテスト

そして、混雑時間帯を越えると、128kbpsを余裕で超えています!

他社の同様なMVNOサービスが、必要充分な帯域の確保ができずに軒並みユーザ離れを起こしていた事を考えると、非常に優秀です。
イオンで販売することで、ユーザが大幅に増えることは懸念事項ではありますが、実績的にIIJならば大丈夫じゃないでしょうか。

( 2012/08/31 20:50 ) Category android | TB(0) | CM(0)

あのGALAXY S(SC-02b)が最終アップデート?ファーム2.3.6のroot化でテザリング!  このエントリーをはてなブックマークに追加

GALAXY Sの最終バージョンアップと思しき、ファーム2.3.6(KL4)公式アップデートが来ました。

GALGAXY S(SC-02b)のroot化


私のSC-02bはb-mobileのテザリング用にrootを取っていました。
ところが、うっかりkiesで普通にアップデートしてしまったため、unrootされてしまいました。

おそらく近いうちに、簡単にrootを取るためのツールであるSuperOneClickやDooMLoRD's Easy Rooting Toolkitあたりが対応してくれると思いますが、2012年1月28日現在まだ未対応ですので、少し回りくどいやり方でrootを取りました。
iPhone3Gの最終アップデート時にも記事を書きましたが、今回も自分メモ的な意味合いで記録を残しておきます。

例によって本記事を見て何かをされる場合は全て自己責任でお願いします。

特にメインの普段使いの携帯として使っておられる場合は、root化はお薦めしません。
なぜなら、メーカー保証が無くなる可能性がある上に、セキュリティが落ちて携帯に入っているデータが漏洩する可能性があるためです。

私のSC-02bには、メールアドレスや電話番号等、他人の個人情報を一切入れていません。
最低でもそのくらいのつもりでいてください。


さて、それでは手順をご紹介します。

○前提条件
・SC-02bを公式最終バージョン(?)のファームウェア2.3.6(KL4)に上げた状態にする
・kiesを入れることでSC-02bとPCが通信できる状態にしておく



1.DooMLoRDのダウンロード

rootを取るためのソフトです。
もし将来的にこのソフトがKL4に対応した場合は、カスタムカーネルを入れる必要はありません。
これをXDAよりDooMLoRDをダウンロードします。
http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=1312859

上記HPの下記部分からダウンロードできます。
[ Download Links ]
DooMLoRD_v4_ROOT-zergRush-busybox-su.zip


2.T10mod1のダウンロード

カスタムカーネルです。
今回、KF2ベースのカスタムカーネルにKL4のベースバンドを使用しています。
今のところ一見問題なく動いているようですが、動作が怪しいようでしたらベースバンドを落として下さい。

ダウンロードにはログインが必要です。
2種類ありますが修正版をダウンロードします。
http://galaxy.anddo.net/phpBB3/viewtopic.php?f=2&t=101


3.Odinのダウンロード

カスタムカーネルを焼くためのソフトをダウンロードします。
http://forum.xda-developers.com/attachment.php?attachmentid=581913&d=1304094576


4.SC-02bをダウンロードモードにする

SC-02bの電源を完全に落とした後、次の操作で電源を入れると、工事中の画面が出ます。これがダウンロードモードです。

ボリュームキーの下を押しながら
ホームボタンを押しながら
電源をON



5.USBでPCとつなぎOdinでカーネルを焼く

USBケーブルを繋いだ後、Odinを起動し、PDA項目にカスタムカーネルを選択します。
今回の場合は、T10mod1のファイルがkyapaT10.tarというファイル名ですので、それを選択してstartをクリックします。
(ファイルを展開してはいけません。ダウンロードしたそのままのファイルを使います)


6.root化する

カーネルがKF2ベースになったので、root化ができるようになりました。
DooMLoRDのファイルを解凍し、runme.batをダブルクリックします。


7.アンドロイドマーケットからSuperuserをダウンロードする

私の場合は元々Superuserが入っていましたが、うまく行かなかったので再度ダウンロードし直しました。


以上で終了です。
テザリングをしたい場合は、WirelessTether等のテザリングソフトをアンドロイドマーケットからダウンロードしましょう。

私がテザリング用に使っているsimはこれです↓
複数枚買って、必要なときに開通作業して使っています。

日本通信 有効期間30日間「bモバイル 1GB定額」パッケージ 標準SIMサイズ版 BM-FRM-1GB日本通信 有効期間30日間「bモバイル 1GB定額」パッケージ 標準SIMサイズ版 BM-FRM-1GB
(2011/09/10)
日本通信

商品詳細を見る

( 2012/01/28 23:00 ) Category android | TB(0) | CM(3)
カテゴリ別

openclose

RSS登録はこちら!


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ニュース
316位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
IT・インターネット
25位
アクセスランキングを見る>>
ご意見はこちらへ
当ブログはリンクフリーです。 特にリンク先の指定もありません。

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。