スポンサーサイト  このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2012年版!無料の年賀状フリーソフト「はがきデザインキット2012」  このエントリーをはてなブックマークに追加

今年も年賀状の季節がやってきました。

最近はWebやメールで年賀の挨拶を送るなど、年賀状を送らない方も多くなってきたと聞きます。
しかし、メールを頻繁に送る相手だけではなく、私事・仕事の関係でお世話になっている方などとの細く長い人間関係を続けていくために、はがきの年賀状の優位点も沢山あります。

このような状況下においても、毎年12月前後になると、本屋の一角は年賀状素材・ソフトが付いた本であふれ、電気屋も年賀状コーナーを設けるなど、年賀状商戦が繰り広げられます。
そんな中、日本郵政の郵便年賀.jpにおいて、無料で年賀状ソフト並びに素材を配布しています。
日本郵政的には、年賀状を送ってもらうこと=売上アップに繋がるため、無料でソフトを配布できるという寸法です。
そのおかげで、無料でありながら基本的な機能はほぼ網羅されており、ほとんどの方にとって充分な機能が備わったソフトになっています。

今年も2011年11月1日に2012年版が公開されましたので、皆さんにご紹介したいと思います。

○郵便年賀.jp - はがきデザインキット2012
http://yubin-nenga.jp/design_kit/
無料年賀状ソフト2012年版


ここでは、ソフトのインストールから、一番簡単な年賀状の作り方までを、順にご説明します。


1.いますぐダウンロード(無料)をクリックします
無料年賀状ソフト2012年版


2.AdobeAIRというプラグインが入っていない場合は警告が出ます。もし出たら、「はい」をクリックして継続します
無料年賀状ソフト2012年版


3.ソフトのダウンロードが始まりました。回線スピードにもよりますが、数分程度待ちます
無料年賀状ソフト2012年版


4.インストールしても良いか聞いてきます。「インストール」をクリックします
無料年賀状ソフト2012年版


5.インストール情報を聞いてきますが、そのまま「続行」をクリックします
無料年賀状ソフト2012年版


6.使用許諾契約条件を読み、同意できる場合は「同意する」ボタンをクリックします
無料年賀状ソフト2012年版


7.インストールが始まります。パソコンのスピードにもよりますが、数分程度待ちます
無料年賀状ソフト2012年版


8.勝手にソフトが起動します。「お使いのデザインキットを登録する」をクリックします
無料年賀状ソフト2012年版


9.「Loading Design Kit」という表示が出て、素材をダウンロードします。回線スピードにもよりますが、数分~十数分程度待ちます
無料年賀状ソフト2012年版


10.デザインキット起動ボタンが出たら、ダウンロード完了です。「デザインキット起動」ボタンをクリックします
無料年賀状ソフト2012年版


11.はがきの種類を選択して、「OK」をクリックします
無料年賀状ソフト2012年版


12.どのようなデザインの裏面を作りたいか考えながらスタイルを選択して、「OK」をクリックします
無料年賀状ソフト2012年版


13.スタイルファイルのダウンロードが始まります。「OK」をクリックします
無料年賀状ソフト2012年版


14.はがきの向きを選択後、「OK」をクリックします
無料年賀状ソフト2012年版


15.裏面の作成画面が出てきました
無料年賀状ソフト2012年版


16.一番簡単な作成をしてみましょう。右側のテンプレートから好きなものを、マウスの左ボタンでドラッグして、左側の白い面に持って行きます
無料年賀状ソフト2012年版


17.勝手に位置調整等が行われ、年賀状ができあがりました。簡単すぎます
無料年賀状ソフト2012年版


18.右下にある「印刷する」ボタンをクリックすると、印刷も当然できます。下記のような警告が出ますので、「印刷する」をクリックします
無料年賀状ソフト2012年版


19.いつもの印刷ダイアログが出ます
無料年賀状ソフト2012年版


20.作成画面の右上に、フリーハンド、テキスト、スタンプ、画像読み込みなどの機能も用意されています。例えばフリーハンド機能では線の太さを選んで、自由に線を書く事ができます
無料年賀状ソフト2012年版


21.テキスト機能では、文字を追加できます。自分のパソコンに入っているフォント以外のフォントも用意されています
無料年賀状ソフト2012年版


22.スタンプ機能では、プリクラのスタンプのような事も可能です
無料年賀状ソフト2012年版


23.画像読み込み機能で、家族の写真等、自分の写真も読み込み可能です
無料年賀状ソフト2012年版




他にも多くの機能がありますが、直感的にわかりやすい画面になっています。
一度インストールしてみて下さい。

スポンサーサイト
( 2011/11/04 18:00 ) Category フリーソフト | TB(0) | CM(0)

Splashtop OSの正式リリース版を試してみたら、意外な事実が?!  このエントリーをはてなブックマークに追加

以前ご紹介したSplashtop OSがバージョンアップして、正式リリースとなりました。

Splashtop OS

前回ご紹介した時は、あまりにも対応機種が少なく、結局手持ちのPCで動作検証が出来ませんでしたが、今回は正式リリースに伴い大幅に対象機種が増えて(正確には未対応の機種でも使えるようにした感じですが)、無事に動作検証が出来ました。
splashtop公式HPの対応Platformsにはあまり書かれていませんが、私の手元の環境にあったPC(DELL,Lenovo)を2台試したところ、どちらもPlatformsに書かれてないにもかかわらず、インストールできました。


ということで何はともあれ、たった5秒での起動を謳っている高速起動を堪能するために、インストールして使ってみましょう。

インストール方法は次の通り。


Splashtop OSの公式ホームページにアクセス。

○Splashtop OS
http://www.splashtop.com/os


オレンジ色のFREE DOWNLOADをクリック。
Splashtop OS


いきなりダウンロードが始まります。
Splashtop OS


ダウンロードしたファイルをダブルクリックで起動!
ちなみに、Windowsが入っていないPCにはインストール不可能です。さすが、Linuxベースとはいえ、Microsoftの息がかかったOSだけはあります。
ここで起動しないPCは、何かしらのファイルが足りないようです。
JREを入れれば良いとの情報を得て試してみましたが、結局うまく行きませんでした。
公式情報が少なくて分かりませんが、出来るだけごちゃごちゃソフトが入っているパソコンを用意した方がよさそうです。
Splashtop OS


STARTをクリックして、インストール開始
Splashtop OS


パソコンの判別を行い、適切なプログラム本体を自動的にダウンロード→インストールします。
結構重いのでしばらく待って下さい。
ここでいつまで経っても下記画面のようなダウンロード状態に移らない場合は、その機種が対応していないことが考えられます。(古いPCの中に上記症状が出たPCがありました)
ここ3年くらいに発売したPCなら大概大丈夫とのことなので、新しいPCを用意しましょう。
Splashtop OS


さあ、インストールの始まりです。
Splashtop OS


「次へ」をクリック。
Splashtop OS


「匿名の使用データ収集を~」のチェックが入っているので、データを収集されたくない方は、チェックを外して「同意する」をクリック。
Splashtop OS


インストールをクリックしろと言われるので、クリック。
Splashtop OS


「あなたのハードは今はサポートされてないけど、リブートしたら一応使わせてあげる」とのご忠告。
Splashtop OS


IEのブックマークや、FireFoxのブックマークなどを引き継げます。
あわせて、無線LANの設定も持って行ってくれますが、残念ながらパスワードは引き継げませんでした。
Splashtop OS


おめでとう!これで使えるよ!と嬉しいお知らせ。
早速使うなら、Restartをクリック!
まだ、Windowsでやり残したことがあれば、Finishをクリック。
Splashtop OS




ちゃんと起動するかドキドキ・・・・。




待つこと数秒・・・ブートメニューにSplashtop OSがありました!
カーソルキーの上下でSplashtop OSを選んで、エンターで起動。
なお、ここからデジカメの画像になるので、ちょっと汚いです。ごめんなさい。
Splashtop OS


ちゃんとロゴが。
Splashtop OS


もじゃもじゃ画面登場!
それにしても、起動にやたら時間がかかってる・・・。
Splashtop OS


ようやく起動!
初回はメニューが表示されません。
あと、私の場合はWebの画面が出ず、右下のWiFiボタンをクリックして、WiFiの再検索とパスワードを入力する必要がありました。
おそらく対応しているPlatformなら、このあたりがスムーズなのかもしれません。
Splashtop OS


無事にデフォルトのホームページではないページも出てきました。
右側のフラッシュバナーもちゃんと表示されています。
Splashtop OS


右下の歯車アイコンで、構成パネルが開きます。
ここでいろんな設定が可能です。
Splashtop OS


日付と時刻の設定
Splashtop OS


入力言語の設定。日本語になっていなければ、日本語にしましょう。
Splashtop OS


言語とキーボードの設定。こちらも日本語に変更!
Splashtop OS


構成パネルからも、WiFiの設定画面が出せます。
WiFi以外の項目が気になります…。
このOSの用途を考えると、WWANがどこまで使えるか、非常に興味があります。
Splashtop OS


環境設定で、電源設定などが出来ます。
Splashtop OS


横長のモニタの解像度に対応していないらしく、妙にぼやけた画面になります。
画面を撮影したPCは、1280×800の液晶パネルですが、1024×768が薄く表示され、変更できません。
表示エリアが減っても、せめてドットバイドットで表示してくれればいいのですが。
Splashtop OS


YouTubeを見るためには音も出ないとね!
Splashtop OS


ステイタスバーの設定って・・・他にもっと気の利いた設定項目を用意した方がイイのでは?
Splashtop OS


そして、もう一度起動し直してみると、今度は(BIOSでのもたつきもあるので)5秒とまでは言わないですが、快適なスピードで起動しました。
そして、メニューが無事表示されました。
Splashtop OS


ちなみに、USBメモリを突っ込むと、こんな画面が出て、普通にファイルを見ることも出来ます。
ただし、対応しているファイル形式はごく一部のようです。
Splashtop OS


今回実験したPCでは、起動時のWiFi周りの再接続が遅めで、少しそこで待たされる感はありましたが、至極普通に使えました。
軽いネットブックでSplashtop OS専用PCを作って、持ち歩いても良いレベルです。

今後、細かいブラッシュアップが進んで、今の不満点が解決されると良いですね。
今後も引き続き期待です!


現在の対応機種の一つです↓
ヒューレット・パッカード ノートブックパソコン HP Pavilion PC dm1a WZ502PA-AAAA(DM1ヒューレット・パッカード ノートブックパソコン HP Pavilion PC dm1a WZ502PA-AAAA(DM1
()
不明

商品詳細を見る


( 2011/03/03 01:12 ) Category フリーソフト | TB(0) | CM(1)

フリーのOfficeソフト、LibreOfficeを試す!  このエントリーをはてなブックマークに追加

フリーのオフィスソフトというと、OpenOffice.orgが有名ですね。
でも、ここは一つ、OpenOfficeの開発メンバーがスピンアウトして作った、LibreOfficeを使ってみませんか?

LibreOffice

○LibreOffice
http://www.libreoffice.org/

SunがOracleに買収された結果、一部の開発メンバーがそれを嫌って、派生バージョンを作りました。
基本的にOpenOffice.orgとほぼ同じと思って良いのですが、より早く最新の機能の取り込みやバグフィックスがされているようです。
もちろん日本語にも対応していて、若干ですがOpenOffice.orgよりも動作が速いです。
起動スピードを見ると、体感で分かるくらいに違います。


インストールの方法はこちら。

LibreOfficeのホームページで、Downloadをクリック。
LibreOffice


基本的に、使用しているOSと言語でダウンロードするパッケージを自動判別しますが、判別されなければ”ja-日本語”を選択。
上のリンクが本体で、下のリンクがヘルプセットです。
ヘルプも使うなら、上だけでなく、下もダウンロードします。
LibreOffice


ダウンロード完了したら、アイコンをダブルクリック。
LibreOffice


ヘルプは後からインストールしましょう。(ここでは説明しません)
LibreOffice


なにも考えずに「次へ」。
LibreOffice


事情がない限り、デフォルトのまま(デスクトップ)が良いです。
LibreOffice


待ちきれない人は、「詳細を表示」をクリックして、進捗を見てみましょう。
LibreOffice


C++のランタイムが勝手にインストールされます。
LibreOffice


続けて「次へ」
LibreOffice


理由がない限り、そのままで「次へ」
LibreOffice


通常は、全機能を入れて問題ないので、そのまま「次へ」
LibreOffice


スタートリンク=ショートカットなので、そのまま「インストール」
LibreOffice


しばらく待ちます
LibreOffice


難しい設定もなく、インストール完了!
LibreOffice


セットアップ時のフォルダがデスクトップに出来ているので削除します。
LibreOffice


ショートカットから起動してみましょう。
LibreOffice


メニューが表示されました。OpenOffice.orgと同じ、6つの機能が使用可能です。
LibreOffice


Microsoft WORD相当の、「Writer」
LibreOffice


Microsoft EXCEL相当の、「Calc」
LibreOffice


Microsoft PowerPoint相当の、「Impress」
LibreOffice


Microsoft Visio相当の、「Draw」
LibreOffice


Microsoft Access相当の、「Base」
LibreOffice


Microsoftの数式エディタ相当の、「Math」
LibreOffice


使い方は、基本的にOpenOffice.orgと同等なので、書籍が欲しければこちらからどうぞ。

オープンガイドブックOpenOffice.org 3 (DVD付)オープンガイドブックOpenOffice.org 3 (DVD付)
(2009/03/20)
鎌滝 雅久、あわしろ いくや 他

商品詳細を見る



( 2011/03/01 01:05 ) Category フリーソフト | TB(0) | CM(0)
カテゴリ別

openclose

RSS登録はこちら!


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ニュース
386位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
IT・インターネット
29位
アクセスランキングを見る>>
ご意見はこちらへ
当ブログはリンクフリーです。 特にリンク先の指定もありません。

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。