スポンサーサイト  このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

たった「2桁の足し算」だけで曜日を暗算する方法!  このエントリーをはてなブックマークに追加

自分の誕生日の曜日は分かりますか?

キヤノンカレンダー2011キヤノンカレンダー2011 / yto


なんと、暗算で簡単に曜日を導き出してしまう方法をご紹介します。
しかも、たった2桁の足し算と引き算、それに少しばかり法則と数字を暗記するだけです。

数回試してみると、自分の持ちネタになること間違い無しです!
まずは自分の誕生日や家族の誕生日で、繰り返し試してみましょう。


1.最初にお約束


計算を極力簡単にするため、いくつか法則を知っておく必要があります。
まずはさらりと流してみましょう。

・西暦で考えましょう
1980年5月1日 といったように、西暦で考えます。


・1月と2月は特別な月です
1月は前年の13月、2月は前年の14月と考えます。
例えば、1980年1月の場合は、1979年13月と考えます。


・規定年のキーワードを1つだけ覚えましょう

 1980年のキーワードは66!

この1つだけです。
他は要りません。



2.曜日計算の前準備

さて、ここで本番、2桁の足し算が出てきますよ~。
皆さん暗算の準備はいいですか?

ここでは、1999年までの日にちから曜日を求めます。
2000年以降の曜日が知りたい場合は、最後の補足を読んで下さいね!


1)年のキーワードを変換

西暦の右2桁の年をもとに、上記で覚えた年のキーワードを脳内変換します。
1980年を元にして、4年で5ずつ進めます。

例えば、次のようになります。
80年→66
81年→67
82年→68
83年→69

84年→71
85年→72
86年→73
87年→74

88年→76
・・・以下同様です。


逆に進む場合も同じです。

80年→66

79年→64
78年→63
77年→62
76年→61

75年→59
・・・以下同様。

勘の良い方はお気づきでしょう。
80年が66で、84年が71、88年が76と、4年で5進んでいるのが分かりますか?
4年ごとに1飛ばしていると覚えて下さい。
まずは、この年のキーワードの変換になれましょう。


2)月のキーワードの変換

月にもキーワードがあります。
一見難しそうですが、奇数月と偶数月に分けると、あらら・・・これなら覚えられるでしょ?
上でも言いましたが、1月は前年の13月、2月は前年の14月として考えます。

・奇数月
7月と9月の間だけ6開きますが、あとは5単位で増えていきます。
ど真ん中で別れていると覚えて下さい。

3月→10
5月→15
7月→20
9月→26
11月→31
13月→36

・偶数月
12月と14月の間は6開きますが、あとは5単位で増えていきます。
最後の1つだけ仲間はずれと覚えて下さい。

4月→13
6月→18
8月→23
10月→28
12月→33
14月→39


3)日の変換

えー、まだ計算するのー?!と思われた方、安心して下さい。
日は変換がありません。
そのままの数字を使います。



3.ここで全部足します!

年のキーワード、月のキーワード、日を全部足します。
例えば、1981年2月1日の場合、1980年14月10日と考えますので、
66(年のキーワード)+39(月のキーワード)+1(日)=106になります。


4.7で割った余りを計算する

出てきた数字を7で割った余りを数えます。

例えば上記の例ですと、
106=7×15 余り 1となります。


5.余った数をいよいよ曜日に変換!

1→日曜日
2→月曜日
3→火曜日
4→水曜日
5→木曜日
6→金曜日
0→土曜日

例えば、余りが1の場合は、日曜日です。
ということで、1981年2月1日は、日曜日だということになります。



一見複雑そうに見えますが、一度勘を掴めば意外に計算できちゃいますよ!
なんどかチャレンジしてみて下さい。


1999年までは上記の計算が使えます。
しかし、2000年以降の場合は、基本となる年のキーワードが異なります。

2000年のキーワードは-35となります。
続けて、
01年→-34
02年→-33
03年→-32

04年→-30
05年→-29
06年→-28
07年→-27

08年→-25
以下同様・・・となります。

月と日の計算は変わりません。
例えば、2004年3月1日の場合は、
-30(年のキーワード)+10(月のキーワード)+1(日)=-19となります。

-19を7で割ったときの余りの計算方法を一つご注意下さい。
マイナスの場合でも、必ず「プラスの余り」を出す必要があります。
例えば、-19の場合は
-19=7×(-3) 余り 2
となります。
よって、2004年3月1日は月曜日となります。


さて、いかがでしたでしょうか?
暗記で曜日計算をして、皆の人気者になりましょう!

スポンサーサイト
( 2011/07/27 00:53 ) Category ライフハック | TB(0) | CM(0)
カテゴリ別

openclose

RSS登録はこちら!


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ニュース
327位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
IT・インターネット
26位
アクセスランキングを見る>>
ご意見はこちらへ
当ブログはリンクフリーです。 特にリンク先の指定もありません。

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。