スポンサーサイト  このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

コミュニケーションの原則。相手を肯定しよう  このエントリーをはてなブックマークに追加

日頃のコミュニケーション、うまくいってますか?

相手を肯定する

今日はコミュニケーションの原則として、相手を肯定することについてご紹介します。

なぜ、相手を肯定する必要があるのか。
会話の中で相手を肯定するだけで、不思議とコミュニケーションがスムーズになるのです。

肯定の方法にはいくつか種類があります。
代表的な例として、次のようなものが挙げられます。

・同意する
・認める
・ほめる


ここで、同意するパターンで実例を挙げましょう。

Aさんの会話に対して、Bさんが肯定と、否定をします。

A「お酒っていろいろあるけれど、俺は日本酒がいいと思う」

・肯定
B「私もそう思うよ。たくさん種類があって、飲み飽きないよね」

・否定
B「そうかなぁ。たしかに種類も豊富で、はまる人ははまるみたいだけどね」

いかがでしょう。
ほぼ同じ内容を返答しているにも関わらず、否定から入るBさんに対しては、話を続けにくくなってしまいました。


次に、認めるパターンで実例を挙げましょう。

A「俺、最近日本酒にはまってさぁ。山形の月山が特においしくて毎日飲んでいるんだ」

・肯定
B「へぇ、そんなにおいしいのか。月山のどんなところがおいしいの?」

・否定
B「月山のどこがおいしいの?そもそも、日本酒っておいしくないよね」


肯定された方は、話がどんどん盛り上がります。
否定された方は、これで話が切れるばかりか、話し手はとてもガッカリすることでしょう。


同意・認めるパターンの実例を挙げました。
このように、相手を肯定することで、コミュニケーションをうまく取っていきましょう。


最後にまとめです。

相手を・・・
・同意する
・認める
・ほめる

ようにして、よりよい人間関係を築いて下さい。


スポンサーサイト
( 2012/06/25 11:30 ) Category ライフハック | TB(1) | CM(0)
カテゴリ別

openclose

RSS登録はこちら!


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ニュース
315位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
IT・インターネット
27位
アクセスランキングを見る>>
ご意見はこちらへ
当ブログはリンクフリーです。 特にリンク先の指定もありません。

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。