Ads by Google

スポンサーサイト  このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
Ads by Google
Ads by Google

SIMフリーのスマートフォンを買う5つの方法  このエントリーをはてなブックマークに追加

SIMフリーの端末(Android等のスマートフォンや携帯)の入手方法をご紹介します。

Nexsus S


国内外どのキャリア(docomoやソフトバンク等)でも使える端末の事を、SIMフリーの端末と言います。

いわゆるガラケーと呼ばれる携帯は、キャリアに縛られた機能を多数搭載しているため、海外に持って行くなどしない限り、SIMフリーになるメリットはあまりありません。
それに引き替えスマートフォンは、キャリアを意識することなく使える機能が多く、SIMフリー端末を使うメリットが十分にあります。

国内ではdocomoが2011年4月よりSIMフリーにすることができる端末を販売するようになりました。
しかし、まだ対象になっていない端末が多いことや、2年縛りなどがあることで、実質的に契約したキャリアで使い続ける必要があります。

海外ではたくさんのSIMフリー端末が販売されています。
これらの端末を利用することで、キャリアに縛られることもなく、DTIやb-mobileなどの安価な回線で維持することが可能になります。
また、国内販売されていない端末を使えることも魅力です。

これらのSIMフリー端末を、日本国内からでも手に入れやすい状況ができつつあります。
しかし、基本的に海外の商品を購入することになるため、入手方法には一考の余地があります。
ここでは、入手方法に応じたメリットデメリットをご紹介し、どの方法が一番自分にあっているか判断できるようにまとめてみました。

※下記では価格やサービスを比較するための例として、可能な限り単一の機種(Nexus S)へのリンクも用意しています。


1.国内ショップ(実店舗)
価格は総じて高いものの、国内で使える商品が販売されており、安心して購入することができます。(もし国内で使えない場合は、おそらく注意が記載されているでしょう)
実店舗ならば直接触ることもできますし、店員に色々聞くこともできます。
何かトラブルがあったときにすぐ対応可能なところもポイントです。
在庫があり、価格差がそこまで気にならない程度でしたら、実店舗での購入をお勧めします。

結論:安心をお金と足で買うならこの方法

・じゃんぱら
http://www.janpara.co.jp/

・イオシス
http://iosys.co.jp/


2.Amazon
お手軽さと価格のバランスがピカイチです。
実際にはAmazon以外の業者が販売していることが多いですが、Amazon自体がある程度業者を選別していることや、業者のレビューを見ることもでき、比較的安心して購入できます。
いつもAmazonを使っている方ならば、クレジットカードや個人情報を別途登録する必要がないのもうれしい点です。
業者ごとの価格比較もできますので、競争の原理が働いてかなり安価で販売されていることも珍しくありません。

結論:そこそこの価格で楽をしたいならこの方法

・Amazon
http://www.amazon.co.jp/
・Amazon - Nexus S
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B004HBTJ14/akis22-22/ref=nosim/


3.国内オークション・通販ショップ
オークションや通販ショップでも購入することができます。
オークションで安く出品されていることもありますが、よく注意しないと送料が高かったり、落札価格が税別であったり、頭に血が上って高値で競ってしまったりと、総額では結局高く付くこともありますのでご注意ください。発送元が中国からのこともあり、到着までに1週間以上必要待つことになる場合もあります。
通販ショップもお手軽ではありますが、あまりに安いショップや振込先が個人名のサイトは疑ってみるようにしましょう。詐欺店も少なくないようです。

結論:いろいろ気をつける点はあるけど探す価値あり

・Yahoo!オークション
http://auctions.yahoo.co.jp/
・Yahoo!オークション - Nexus S
http://auctions.search.yahoo.co.jp/search?p=NEXUS+S&auccat=0&tab_ex=commerce&ei=euc-jp

・2ch - 【詐欺】白ロム販売サイト情報【本物】
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/keitai/1288905228/


4.海外の日本向けショップ/輸入代行
海外から直接個人輸入の形になりますが、日本語で購入できるサイトがあります。(一部英語もあり)
個人輸入のリスクが発生しますが、その分格安であることが多いです。
言葉の壁がないのが嬉しい点。
国内での利用について書かれている場合も多いので、詳しくない方でもギリギリなんとかなると思います。
その他、次の5番目で上げている注意事項も一応読んでおいて下さいね。

結論:楽で安価な代わりにリスクもそれなりにあり

・EXPANSYS
http://www.expansys.jp/
・EXPANSYS - Nexus S
http://www.expansys.jp/google-nexus-s-207552/

・1ShopMobile
http://www.1shopmobile.com/
・1ShopMobile - Nexus S
http://www.1shopmobile.com/catalog.php/1shopmobile.com/dt/pd2127244/Samsung_Google_Nexus_S


5.海外のショップ・オークション
海外のeBayなどのオークション、または携帯販売サイトから個人輸入をすることで、おそらく一番安く手に入れることができます。
言葉の壁がありますが、多くの場合は英語なので、中学レベルの英語力で何となくは察しが付くと思います。(通販の仕組みはどこの国でも似たようなものです)
ただし、注意点がいくつかあります。
・日本の変調方式・周波数帯が使えるか(W-CDMA/2.1G・800MHz)
・日本への発送が可能か、可能ならば送料はいくらか(送料が通常数千円程度かかります)
・手持ちのクレジットカードが利用可能か(同じVISAでも、日本のクレジットカードは使えないことがままある)
・トラブル対応が面倒なのを覚悟できるか(初期不良、商品が発送されない、違う商品が送られてくる 等)
・発送から到着までの期間が長い(基本的にトラッキングナンバーがわかれば、郵送状況がわかります)
・関税がかかる可能性(1万円を超えると関税がかかります)
・日本語が使えるか(Androidでもデフォルトで全ての端末で日本語が使えるとは限りません)


結論:とにかく安く買えるが、その分のリスクも覚悟が必要!

・eBay
http://www.ebay.com/
・eBay - Nexsus S
http://shop.ebay.com/i.html?_nkw=NEXUS+S


以上、上記に書いてあることがすべてではありませんが、参考になれば幸いです。
特に海外からの発送は、思いもよらぬリスクがつきまといます。
おきまりの文句ですが、すべては自己責任でお願いします。


関連記事
( 2011/05/04 00:41 ) Category android | TB(0) | CM(0)
Ads by Google
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カテゴリ別

openclose

RSS登録はこちら!


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ニュース
315位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
IT・インターネット
27位
アクセスランキングを見る>>
ご意見はこちらへ
当ブログはリンクフリーです。 特にリンク先の指定もありません。

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。