Ads by Google

スポンサーサイト  このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
Ads by Google
Ads by Google

自分のアタマで考えよう - ちきりん  このエントリーをはてなブックマークに追加

本書を読んで、皆さんも色々考えてみませんか?

自分のアタマで考えよう自分のアタマで考えよう
(2011/10/28)
ちきりん

商品詳細を見る


本書は、ちきりんというペンネームのブロガーの女性(公式的には男女不明らしいです)が書かれた本です。
彼女のブログは、ロングレンジの時事ネタを中心に、独自の視点で痛快に(本人的にはおちゃらけと称して)掘り下げています。
はてブのホットエントリーにも度々取り上げられ、他のWebメディアでもエントリを書いたりと、一部界隈では結構有名人のようです。

本書はサブタイトルで、「知識にだまされない思考の技術」と書かれています。
人間は思考する際に、既存の知識に影響されやすく、自分の知識の範囲を超えた思考はなかなかできないという事が、例を挙げて紹介されています。
プロ野球の年齢別構成比の時系列的な変化のグラフを例にとって、その情報から自分の思考で読み取ったとおぼしき内容が、実は元々持っていた知識に左右されていることを紹介されています。

子どもの自由な発想は、「知識がないこと」であると私は思っています。
また、自由な発想を引き出すためのブレーンストーミングの手法も、根底は同じ部分から来ていると考えます。

以前このブログで「脊髄反射でググるな危険」というエントリを書きました。
このエントリは、調べ物をするときになんでもググってしまわずに、スローコンテンツ(書籍など)から情報を読み取り、自分で考えてアウトプットしようという趣旨でした。

自分で考えてアウトプットすることは実は結構難しいです。
アウトプットするためには、情報を理解し、分析した上で、考え、まとめていく必要があります。

ビジネスで重要視されているロジカルシンキングの手法は、論理的に物事を捉えて理解し、上手にアウトプットをするための手法です。
本書で書かれていることは、著者の意図かどうかは分かりませんが、このロジカルシンキングを活用しているところが散見されます。
例えば、第3章で「あらゆる可能性を検討しよう」と上げられていますが、これってロジカルシンキングでいわれるところのMECE(ミーシー)という考え方なんですよね。
しかし、ここでそういう難しい言葉を使わずに、わかりやすく紹介されています。
本書は、著者であるちきりんさん流の方法で、このロジカルシンキングの手法を、わかりやすく具体的に紹介していると考えていいのではないでしょうか。
プロ野球のファン層からプロ野球の未来を考えたり、
会社の新規事業プロジェクトから考える重要性を訴えたり、
少子化問題から情報と知識のバランスを考えたり、
かなり具体的な例を、とてもわかりやすい言葉づかいで紹介し、思考の方法を説いています。

本書を読んで、池上彰氏の著書を思い出しました。
一時期テレビに多数登場されていた氏も、ジャーナリストとしての活動をしたいと、テレビから降板しました。
氏のテレビ番組はどれもとてもわかりやすいと評判でしたが、著書もそれに勝るとも劣らないわかりやすさです。
先日読んだ「伝える力」も、大人向けの本でありながら、この内容ならば小学生でも理解ができるのではと錯覚しました。
ちきりんさんの著書も、氏の著書と同じ香りがしています。

アウトプットを積極的にしたいと思われる方には、一度読んでもらいたい内容であることは間違いありません。
本を読み慣れている方なら、小一時間でさらっと読める良書です。
読んで損はないと、自信を持ってお薦めできます。


伝える力 (PHPビジネス新書)伝える力 (PHPビジネス新書)
(2007/04/19)
池上 彰

商品詳細を見る


自分のアタマで考えよう自分のアタマで考えよう
(2011/10/28)
ちきりん

商品詳細を見る
関連記事
( 2011/11/16 12:00 ) Category 書評 | TB(0) | CM(0)
Ads by Google
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カテゴリ別

openclose

RSS登録はこちら!


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ニュース
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
IT・インターネット
28位
アクセスランキングを見る>>
ご意見はこちらへ
当ブログはリンクフリーです。 特にリンク先の指定もありません。

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。