Ads by Google

スポンサーサイト  このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
Ads by Google
Ads by Google

スポーツカーのススメ  このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタとスバルが、新型86と呼ばれるクルマを出しました。

toyota86、subaruBZR

久しぶりのスポーツカー然とした新型FRです。

○トヨタ 86
http://toyota.jp/86/

○スバル BZR
http://www.subaru.jp/brz/brz/

トヨタの86がドリフトタイプ、スバルのBRZがグリップタイプの足周りに仕上がっているようです。

最近は何でも燃費燃費と言われますが、本車もJC08モードでリッター13km前後を叩き出しています。
2リッターのインテグラtypeRが10・15モードでリッター13kmだったことを考えると、不利なJC08モードでそこそこ頑張ってといえるのではないでしょうか。

エンジンパワーは200ps/20.9kgmとリッター100psを達成。今となってはライトウェイトに分類されるようになってしまった1220kgの軽量な車体と合わさって、必要十分なパワーを出しています。

スポーツカーとしての要素は満たしていますが、問題は価格。
一番売れ先と考えられるGTで、値引きがなければコミコミ300万を越えてしまいます。
今のこのデフレ時代に、手が出にくい300万越えのこの価格はどうなんでしょうか。
当時のレビン・トレノ86がそうであったように、本来ターゲットとしたい若者へは、値落ちした中古車になることを待つことになりますかね。


この86は新車販売という壁がある以上に、環境がその成長を妨げるのではないかと考えます。

道路交通法や峠の暴走行為対策(例えば道路の真ん中にポールを立てるなど)が進み、当時の86小僧が手軽に峠を楽しんだ環境は今はありません。
もちろん、違法行為を助長するつもりはありません。峠を暴走されると本人の命はもちろん、周りの人にも重大な迷惑をかけます。絶対に暴走はすべきではありません。

でも、せっかくスポーツカーを買ったなら、その秘められた性能を発揮させたいと思うのが人情。
そこで代替手段として、サーキット等クローズドな環境での走行がより手軽にできるよう、整備することが本車の販売成功に結びつくのではないでしょうか。

トヨタが出資している富士スピードウェイはもちろん、各地のサーキットと連携し、メーカー・サーキットが一体となって盛り上げるための施策を打つことが必要です。
コンセプトはあくまで「一般人でも走りにいきたくなる」が原則です。86ワンメイクレースもいいですが、マニアのための走行会では意味がありません。

個性があって「乗りたい!」と思わせるクルマが少ない今、スポーツカーの再発展に期待しています。

関連記事
( 2012/03/14 11:30 ) Category | TB(0) | CM(0)
Ads by Google
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カテゴリ別

openclose

RSS登録はこちら!


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ニュース
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
IT・インターネット
28位
アクセスランキングを見る>>
ご意見はこちらへ
当ブログはリンクフリーです。 特にリンク先の指定もありません。

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。