Ads by Google

スポンサーサイト  このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
Ads by Google
Ads by Google

麒麟の翼 - 東野圭吾  このエントリーをはてなブックマークに追加

安定感たっぷりの良作ミステリーでした。

麒麟の翼 (特別書き下ろし)麒麟の翼 (特別書き下ろし)
(2011/03/03)
東野 圭吾

商品詳細を見る


※以下、ネタバレは最小限に押さえたつもりです。

最近、個人的に東野圭吾にはまっています。
そんな中、麒麟の翼が封切りされ、映画を見に行きました。

迫力の映像とストーリーに、久しぶりに心が揺さぶられました。
安定した東野節で、ワクワク感が最後まで続く良作でした

映画が楽しめたので、帰りに原作を買ってきて続けて読んでしまいましたが、微妙な違和感を感じました。
本作品に限ったことではありませんが、せっかくの良作ですからうまく映画化してもらいたいものです。

以下に相違点をネタバレしない程度にまとめました。


・セリフ
阿部寛(加賀恭一郎)のセリフがわざわざクサくなるようにしてありました。
セリフをクサくするために常識的にどうだろ?みたいな発言を周辺人物にさせていたのがとても気になりました。(妊娠に関する考え方 等)


・撮影場所
場所がわざわざ変えてありました。(居酒屋→喫茶店?)
なにか意味があるのでしょうか?


・シナリオ
原作の説明がはしょられて、解決できていない伏線がありいました。
物語に影響がない程度にアリバイも変えてありました。
まるまる飛ばされているエピソードもありましたが一応ストーリーに影響しにくいエピソードでした。しかしそのため、一部伏線が解消されませんでした。


とまあ、こんなところです。

総じて、映画も原作も楽しめました。
映像と音楽による感動体験を楽しみたい方は映画を、理詰めの謎解きを楽しみたい方は原作をおすすめします!


関連記事
( 2012/03/13 11:30 ) Category 書評 | TB(0) | CM(0)
Ads by Google
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カテゴリ別

openclose

RSS登録はこちら!


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ニュース
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
IT・インターネット
28位
アクセスランキングを見る>>
ご意見はこちらへ
当ブログはリンクフリーです。 特にリンク先の指定もありません。

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。