Ads by Google

スポンサーサイト  このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
Ads by Google
Ads by Google

SDカードの寿命について  このエントリーをはてなブックマークに追加

SDカードなどのフラッシュメモリに、あなたの大切な写真を入れっぱなしにしていませんか?

SDカードの寿命

デジカメが普及して、写真の保存にはもっぱらSDカードなどのフラッシュメモリが使われるようになりました。

基本的なスタンスとして、デジカメで撮った写真はより容量の大きいパソコンのハードディスクなどで保管する方が多いと思います。
パソコンに入れることで、大画面で写真を見たり、写真の管理が楽にできたりと、いろいろなメリットがあります。

しかし、パソコンを持っていなかったり、パソコンを使いきらないがデジカメは持っているという方も増えてきました。

デジカメで多く採用されているSDカードの価格も安くなり、SDカードがいっぱいになるとSDカード自体を買い換えてそのまま保管するという方も増えてきています。

SDカードをカメラ屋に持っていくと、そのまま現像もできるため、アルバムにSDカードを一緒に保管することで、時系列に整理もできてしまいます。

これはこれで大変便利ではありますが、一つ注意すべきことがあります。

それは、SDカードの寿命です。

SDカードには書き換え回数の上限があります。
メーカーのうたい文句で「○万回書き換え可能!」と書いてあるアレです。
しかし、実際にデジカメで使っている分にはそれが問題になることはほとんどありません。

それよりも、何もせずに長期保管することで、SDカードのデータが消えてしまうということをご存じでしょうか。

短い場合は10年程度で消えるとのこと。
SDカードは2000年頃から販売しています。
10年を越え、そろそろ読み出しが難しい個体もあるかもしれません。

これはSDカードに限りません。
フラッシュメモリを使用している、メモリースティックやコンパクトフラッシュなどでも同じことがいえます。


対策は、とにかくバックアップを取ること。
いろいろなメディアに保管して、定期的にバックアップ取り直しをする必要があります。

例えば、HDDにワンセット、DVDやSDにワンセット、そして残したい写真を最小限現像して印画紙でワンセット残します。
これで、メディアが全滅しても紙が残ります。

これに加えて、HDDはパソコンが変わる度にコピーし直します。
DVDやSDは、10年間隔程度で新しいメディアにコピーし直します。また、その際にBDなど次の大容量ディスクに移行すると、枚数が削減できてよいでしょう。


最後にまとめをします。

・SDカードは10年程度で消える可能性がある

・パソコンのHDDや、DVD等に保管しておく

・SDやDVDは、10年程度をめどに、新しいメディアにコピーし直す



せっかくの思い出の写真。
なくさないように気をつけましょう!

関連記事
( 2012/06/04 11:30 ) Category ライフハック | TB(1) | CM(0)
Ads by Google
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://rimanreview.blog137.fc2.com/tb.php/171-6371332d

SDカードなどのフラッシュメモリに、あなたの大切な写真を入れっぱなしにしていませんか?デジカメが普及して、写真の保存にはもっぱらSDカードなどのフラッシュメモリが使
[2012/06/07 19:50] まとめwoネタ速neo
カテゴリ別

openclose

RSS登録はこちら!


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ニュース
386位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
IT・インターネット
29位
アクセスランキングを見る>>
ご意見はこちらへ
当ブログはリンクフリーです。 特にリンク先の指定もありません。

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。