Ads by Google

スポンサーサイト  このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
Ads by Google
Ads by Google

新型キンドルペーパーホワイト(2013年ver Kindle paper white)レビュー  このエントリーをはてなブックマークに追加

新型キンドル ペーパー ホワイト(Kindle paper white)が、本日発売になりました。
事前予約をしていたところ、発売日に届きましたので、レビューをしたいと思います。


従来のキンドルと比較すると、コントラストが向上し、本のデータを入れるメモリが2倍(2G→4G)になりました。
ユーザが自由に使える容量はもう少し減るため、実際ユーザが使えるエリアは、旧キンドルに比べて2.5倍程度になっています。

キンドルではe-inkを採用していますが、これは一般的なスマホやタブレットの液晶とは全く違ったもの。
画面の書き換えは遅いですが、紙に印刷した文字を読むのとほぼ同様と言っても良い視認性です。

新型キンドルでは旧機種より、書き換えも少し早くなっているとのこと。
いくらか本を読んでみましたが、よほどの速読(斜め読み)をしない限りは、十分なスピードに感じました。


早速開封の儀を行いましたので、写真を交えてレビューをします。


新型キンドル レビュー

真っ黒の箱がAmazonから届いていました。
Kindleに限らず、スマホやタブレットの箱の多くは、iPhoneの箱に影響されまくりですね。


新型キンドル レビュー

ペリペリっと箱を開けます。


新型キンドル レビュー

開封したところ。
本体とマニュアル2点が付いています。


新型キンドル レビュー

それぞれ、Kindleの説明と、保証・規約がかかれた冊子に別れています。
マニュアルは万国共通のため、日本語のページはそれぞれ2Pずつしかありません。


新型キンドル レビュー

本体を取り出しました。
さすがe-ink。シールでは無く、初めから何か表示されています。


新型キンドル レビュー

充電用のUSBケーブルが付いています。
電源アダプタは付いていません。
今回私は専用の2A USBアダプタも購入しました。


新型キンドル レビュー

本体の裏面にはでかでかとAmazonのロゴが。


新型キンドル レビュー

本体下部の電源を入れて、セットアップ開始!


新型キンドル レビュー

利用言語を聞いてくるので、日本語をタップ!


新型キンドル レビュー

タップすると黒反転します。
「次へ」をタップします。


新型キンドル レビュー

下部のプログレスバーが伸びて来ました。


新型キンドル レビュー

「はじめましょう」をタップ!


新型キンドル レビュー

Wi-Fiの設定をします。


新型キンドル レビュー

Wi-FiのSSIDが表示されない場合(ステルスモードの場合)、自分でSSIDを入力する必要があります。
パスワードを設定している場合は、パスワードも入力。


新型キンドル レビュー

何もしなくても、初めからAmazonアカウントの名前で設定されています。
ちょっと怖い気もしますが、なにより楽ちんです!
このアカウントで良ければ、「設定を続ける」をタップ!


新型キンドル レビュー

FacebookやTwitterと紐付けしようとしてきます。
個人情報を流したければ紐付けしてもいいかもしれませんが、ここでは設定せずに次に行きます。


新型キンドル レビュー

説明が始まります。
クラウドにあるデータと、端末にあるデータの違いの紹介です。
Kindle本を購入すると、まずはクラウド上に保存された状態になります。本を読む前に、ダウンロードして端末に入れる必要があります。
タブレット等でKindleを使ったことがある方はご存じの内容ですね。


新型キンドル レビュー

次のページに移動する場合は、広いエリアをタップします。
スマホのように、スワイプしても次ページに移動できます。


新型キンドル レビュー

前に戻るのもタップで戻れます。
次へすすむと同様にスワイプしても戻ることができます。


新型キンドル レビュー

ページ上部をタップでツールバーが出ます。


新型キンドル レビュー

ツールバーから色々な機能を呼び出すことができます。


新型キンドル レビュー

例えば、この例ではフォントサイズを変えられます。


新型キンドル レビュー

文章中のワードを長押しで、辞書検索もできます。


新型キンドル レビュー

それなりの語数が収録されているようです。
非常に便利な機能です。


新型キンドル レビュー

長押しドラッグで、ハイライトやメモ追加、他人とのシェアなどができます。


新型キンドル レビュー

タップすると、ハイライト状態になりました。


新型キンドル レビュー

ライトのオンオフもできます。
最低値にするとかなり暗いライトになるため、暗い部屋で明るさを最低にしたのにまぶしすぎる、と言ったことがないように配慮されています。


新型キンドル レビュー

というところで、ようやくチュートリアルが終了です。


新型キンドル レビュー

単なるリーダーではありますが、設定項目も豊富です。
Wi-Fi電波を扱うため、機内モードも用意されています。


新型キンドル レビュー

右上のアイコンをタップすると、メニューが出てきます。


新型キンドル レビュー

リスト形式で本を表示した参考例。
クラウドをタップして、それぞれの本をタップすると、自動的にダウンロードが始まります。
待機中と書かれた本は、ダウンロード待ちです。


新型キンドル レビュー

非常に読みやすい文字です。
ジャギーも見当たりません。
スマホのように、2本指スワイプで拡大縮小ができます。
最小サイズにしても十分見られます。


新型キンドル レビュー

設定で横画面にすることもできます。
コミックなら見開きが表示されますが、常用するにはちょっと厳しい感じです。


新型キンドル レビュー

電源をオフにすると、色々な絵が表示されます。
画面表示をしていても電気を食わないe-inkならではの趣向です。


新型キンドル レビュー

Kindle本ストアを見ることもできます。


新型キンドル レビュー

もちろんKindle本を購入することもできます。
Wi-Fiが一時的にでも繋がれば、さっとダウンロードしてゆっくり読むことができます。


新型キンドル レビュー

最後に充電器。
結構優れもので2Aの大容量充電ができます。
iPhone5の充電に使うととても早いです。
iPhoneに付いてくる純正の充電器が1Aですので、最大2倍のスピードで充電できる計算です。


というところで、開封の儀は終了です。
実際にKindle本をパラパラとめくってみましたが、本体も非常に軽いですし、画面も見やすく、反応速度もそこそこ速いです。
これならどこにでも大量の本を持ち歩いて、じっくり読めそうです。


最後にどうでもいいのですが、Kindle paper whiteのことを、Kindle white paperといいたくなります。
日本人的発想ですね。すみません。

2013年11月30日予約分までは1,980円分のkindle本用購入権もついてくるとのこと。
まだ未購入で興味のある方はお早めに。



純正急速充電器もあわせてどうぞ。(paperwhiteは急速充電できませんが、使用は可能です)
大容量2A出力で他のUSB機器も充電可能です。



( 2013/10/22 23:45 ) Category Kindle | TB(0) | CM(0)
Ads by Google
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カテゴリ別

openclose

RSS登録はこちら!


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ニュース
316位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
IT・インターネット
25位
アクセスランキングを見る>>
ご意見はこちらへ
当ブログはリンクフリーです。 特にリンク先の指定もありません。

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。