Ads by Google

スポンサーサイト  このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
Ads by Google
Ads by Google

夫婦のどちらが「シュフ」をするか?  このエントリーをはてなブックマークに追加

夫は地方の中小民間企業。
妻は地方公務員。

仕事場仕事場 / hageatama


地方中小民間の給与水準は異常に低い。
景気の復活で、都会では民間が高くて公務員の給与が安いと言われているかもしれないが、地方では今でも公務員の給与が「超高い」。
そして、地方には大企業なんてない。

結婚して40歳が近くなると、その両親が70前後になる。
同居していると、だんだん「介護」の2文字がちらついてくるようになる。
自宅で面倒を見ようと思うと人手がかかる。
おそらく夫婦のどちらかが「シュフ」をする必要があるだろう。

子どもが2名いるが、次第に親のすねをかじるようになってくる。
40歳で中学生。そして、まもなく高校生へ。
かかる費用は大学生になるまでだんだん増えて、そして大学生で極大になる。
もし大学院まで行ってしまうと、なんとその極大の状態が6年間も続く。
子どもが2人、3人といると、その「リスク」も2倍、3倍となる。

ここで、人手とカネのバランスが問題となる。

私の会社では役員になって初めて700万の壁を越える。
そして最も早く役員になれるのは大体60歳過ぎ。
しかも、大卒で40を超えても500万に到底届かない。

50歳前に課長クラスになってようやく500万ちょい。
一番お金の要る50歳前後でこれはかなり厳しい。
その後、60歳前に部長になる理想的な昇進をしても600万ちょい。

私の給与だけでは家族を養って子どもを大学にやるのはかなり厳しい。
景気がもしまた悪くなって、さらに給与が下がるようなことがあれば、なおさらだ。
爪に火を灯すような生活が待っているのは間違いない。

さて、妻はどうだろう。
公務員も最近は給与が安いといわれているがそれでも高い。
40歳なら職種にも拠るが500万程度は確保できる。
阿久根市のH19実績を見ると、50歳頃には700~800万、60歳頃には1000万近くまで期待できる。
ただし、今は公務員の給与の上昇カーブが抑えられているはずなので、多少ダウンしているはずだ。
それでも50歳で500万、60歳で600万ということはないだろう。
そして、公務員は給与の男女差がない。

○阿久根市職員給与(H19)
http://www.city.akune.kagoshima.jp/sisei/syokuin.pdf


以上を考えると、夫婦のどちらが介護のための「シュフ」をするのが効率的か明白だ。
そうだ。私が「主夫」をすることが論理的には正しい。

しかし悔しい。私はまだ働きたい。
主夫で両親の介護と家事に追われる毎日を過ごしたくない。
色々な人と出会い、色々な仕事を体験し、自分が成長したことを喜び愉しみたい。
そんな当たり前と思っていたことができなくなるなんて、何のために生きているのかわからない。

今の世の中で「普通」に家族を持って両親の面倒を見て働くことが、こんなに難しことだなんて思ってもみなかった。
私を大学まで育ててくれた両親を支えるだけのことすら難しい。

こんなジレンマを持って、会社員生活を日々暮らしている。
幾日の猶予が残されているかわからない。

着実に「そのとき」は近づいている。

関連記事
( 2014/08/01 11:30 ) Category 仕事 | TB(0) | CM(0)
Ads by Google
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カテゴリ別

openclose

RSS登録はこちら!


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ニュース
386位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
IT・インターネット
29位
アクセスランキングを見る>>
ご意見はこちらへ
当ブログはリンクフリーです。 特にリンク先の指定もありません。

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。