Ads by Google

スポンサーサイト  このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
Ads by Google
Ads by Google

テレビの大罪 - 和田 秀樹  このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビの大罪 (新潮新書)テレビの大罪 (新潮新書)
(2010/08)
和田 秀樹

商品詳細を見る



本書ではマスメディア(特にテレビ)の功罪をまとめ、その影響を人々がどのように受けているのか、痛快にまとめられています。

最近はインターネットにその立場を奪われつつあり、その影響力は少しずつ減少してきているものの、やはりテレビは絶大な影響力を持っています。
映像になったものや、活字になったものは人々が「正しいもの」として、インテリジェンス無しに肯定してしまいがちです。
最近はテレビ論についてインターネットメディアで繰り返し議論されているため、その怖さについて周知されつつありますが、それに気がついているのはまだごく一部の人間にとどまっています。

テレビは、人々が見たことがない珍しいものを放映することで興味を引き、視聴率を稼ぎます。
本書で書かれていますが、「犬が人間を噛んだ」ことは放映されませんが、「人間が犬を噛んだ」ニュースは流れます。
視聴者がこれをコモディティとして捉え、それが一般的だと考えることは、非常に危険です。
このマイノリティを標準的なものと考える集団心理に流され、異常な世論を生む事態が実際に発生しています。
本書ではこれらの危険性を、具体的な例を挙げて紹介しています。

また、テレビを否定するだけではなく、いかに活用していけばよいのか、高齢者向けの番組を例に検討されています。

全体的に平易な言葉で書かれており、誰でも理解できるようにしてあるのには好感が持てます。
できればテレビ好きな方に読んでいただきたい一冊です。

関連記事
( 2010/12/01 22:01 ) Category 書評 | TB(0) | CM(0)
Ads by Google
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カテゴリ別

openclose

RSS登録はこちら!


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ニュース
327位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
IT・インターネット
27位
アクセスランキングを見る>>
ご意見はこちらへ
当ブログはリンクフリーです。 特にリンク先の指定もありません。

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。