Ads by Google

スポンサーサイト  このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
Ads by Google
Ads by Google

拝金 - 堀江貴文  このエントリーをはてなブックマークに追加

ホリエモンの処女作(小説)を読みました。

ですが、これは小説じゃないですね。
本人が「事実を一端分解して組み直して作った」おかげで、とてもリアリティのある小説になったと、どこかで自画自賛していたような気がしますが、狙い通りになっています。

なんとなく悔しいですが面白かったです。思わず一気に読んでしまいました。
操られる主人公がとんとん拍子に大金持ちになっていく様は、天才ヒーロー漫画のごとく、読んでいてとても痛快と言わざるを得ません。
途中で話が飛んで上場してしまいますが、その分、妙な金持ちのドロドロした部分が丁寧に書いてあって、これはこれでいいかもしれません。

ITバブルという宝くじを引き当てたホリエモンも、「目立つ」事で稼いだがため、「目立たない」を是とする日本の社会の世論を浴びて、検察のお眼鏡にかない、社長の座を降ろされてしまいました。
ライブドアショックのおかげで日本市場では株価が急降下しましたが、ライブドアが上場していた東証マザーズのマザーズ指数は2000年頃のITバブルと同じくらいまで高騰していたので、既に急降下の体勢を整えて何かを待っていたのだと思います。
株価が低迷している今では、当時のような派手な資金調達はできません。
株主をバカにした、悪の枢軸、MSCB砲をぶっ放しても、せいぜい遠吠えが聞こえる程度です。

ホリエモンに荷担するつもりはないですが、読み物としてはとてもオススメです。
肩肘張らずに、漫画を読むつもりでどうぞ。

拝金拝金
(2010/06/17)
堀江 貴文

商品詳細を見る



ランキングに参加しています!


関連記事
( 2010/11/15 22:32 ) Category 書評 | TB(0) | CM(0)
Ads by Google
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カテゴリ別

openclose

RSS登録はこちら!


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ニュース
327位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
IT・インターネット
27位
アクセスランキングを見る>>
ご意見はこちらへ
当ブログはリンクフリーです。 特にリンク先の指定もありません。

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。