Ads by Google

スポンサーサイト  このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
Ads by Google
Ads by Google

鳥人間コンテストの説明会に行ってきた!  このエントリーをはてなブックマークに追加

読売テレビの長寿番組「鳥人間コンテスト」の説明会に行ってきました。

鳥人間コンテスト

毎年恒例夏の琵琶湖の風物詩、バードマンラリーこと、第34回鳥人間コンテストの説明会が、去る2011年1月29・30日にありました。
チームとして参加してきましたので、その様子を皆さんにご紹介します。

今回は29日の大阪読売テレビ本社での説明会に行きました。

鳥人間コンテスト
読売テレビ本社にドキドキしながら接近!

鳥人間コンテスト
1時間前には人っ子一人いなかった読売テレビ前に、30分前には人だかりが・・・。
コナンと一緒に激写!

鳥人間コンテスト
参加者に20代前後の女性が妙に多いな~と思ったら、別の番組収録を待っている人たちでした。
そもそも、鳥人間コンテスト説明会の待ち合わせ場所が違っており、一路階下へ。
気のせいか集合場所は男だらけでした。

鳥人間コンテスト
参加者には参加者マークが配られました。

鳥人間コンテスト
建物内ではズーミンとチャーミンが待っていました。
そういえば、ズームインスーパーも、この3月で終わりですね。

鳥人間コンテスト
会場への張り紙が貼ってありました。
ズーミンとチャーミンに別れを告げて受付をします。

鳥人間コンテスト
会場には80名前後の勇者が集まりました。
写真は終了後の様子です。

1チーム2名までの参加制限があったため、大阪会場だけで、最大で40チームくらいでしょうか。
主催者が9人前列に並んで、説明会が行われました。

説明会はレギュレーションの説明だけではなく、テレビ番組としての大会であることを理解することと、安全面の配慮についての説明が繰り返しありました。
本大会では、最悪、プラットホームの高さである10mの高さから落ちることになるため、いくら水上とはいえ大けがをする可能性もあります。
自分や他人が怪我をしないためにも、またそういった理由での番組中止といった事態にならないためにも、参加者側としても良く気をつけていきたいところです。

全体的には非常にわかりやすくかつ丁寧な説明で、その道のプロが集まっている印象が強く残りました。

中でも、「機体制作にあたり、しっかりスケジュール管理とワークフロー管理をするように」といわれた事は、機体制作以前に、仕事のやり方の基本中の基本として、心にしっかり刻みました。

今は、ルールブックを片手に「飛ばなきゃならないワケ」を考え中です!
鳥人間コンテスト

関連記事
( 2011/02/02 01:28 ) Category 職人 | TB(0) | CM(0)
Ads by Google
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カテゴリ別

openclose

RSS登録はこちら!


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ニュース
374位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
IT・インターネット
29位
アクセスランキングを見る>>
ご意見はこちらへ
当ブログはリンクフリーです。 特にリンク先の指定もありません。

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。