スポンサーサイト  このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

平成25年分の年末調整の書き方解説(平成26年分の扶養控除等申告書あり)  このエントリーをはてなブックマークに追加

サラリーマンの年末の鬼門、年末調整の申告書の記入について説明します。

毎年大変ですが、毎月の給与から源泉徴収されている税金(所得税)を少しでも多く取り戻すチャンスです。
物入りの年末~年始に少しでもお金が入るよう、漏れなく申告をするようにしましょう。


記載が必要な申告書は次の3枚です。
平成25年分の扶養控除等申告書は、昨年記載したものが返ってくるはずです。

・平成25年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書

・平成25年分 給与所得者の保険料控除申告書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申告書

・平成26年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書



さて、今年は例年と何が違うのでしょうか。
昨年との違いをまずご紹介しましょう。


1.復興特別所得税の納付
東日本大震災の復興財源確保のため、平成25年1月1日から25年間、復興特別所得税を徴収されることになりました。
平成25年分は、所得税に加えて復興特別所得税を合計した額を源泉徴収されています。
税額計算が変わってきますが、サラリーマンの場合は会社が計算してくれますので、何もすることはありません。


2.収入金額が1,500万円以上の場合の給与所得控除額が定額になった
給与等の収入金額が1,500万円以上の場合の所得控除額が、245万円の定額になりました。
要は控除額が減って、税額が増えることになります。
勤務医や一部金融の社員以外はほとんど関係ないと思われます。
関係する人が羨ましいですね。


3.特定の役員等に対する退職手当等に係る退職所得の金額の計算については、退職所得控除額を控除した残額を2分の1する措置が廃止された
これも多くのサラリーマンには関係ありません。
飛ばします。


以上3点です。
一般的なサラリーマンが年末調整をする際に気にする必要がある項目はありません。



さて、実際に書類に書く際の記載事例の紹介と、注意点を述べましょう。


・平成25年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書

基本的に、前年に書いたそのままで大丈夫ですが、昨年記載した内容変更が必要な場合があります。
それは次のような場合です。

1.平成25年の途中で、控除対象扶養親族であった家族の就職や結婚等により、控除対象扶養親族の数が減少したとき。
2.平成25年の途中で、結婚によって控除対象配偶者ができた場合。または離婚で控除対象配偶者がいなくなった場合。
3.平成25年の途中で、本人が障害者、寡婦、寡夫、または勤労学生に該当することとなったとき。
4.平成25年の途中で、控除対象配偶者や扶養親族が、障害者に該当することとなったとき。


記載例
平成25年分年末調整




・平成25年分 給与所得者の保険料控除申告書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申告書

記載例
平成25年分年末調整




・平成26年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書

記載例
平成25年分年末調整



以上です。

なお、平成25年中に、多額の医療費(年間10万円以上)を支払ったり、住宅をローンで購入した場合は、確定申告をすると、所得税が返ってきます。
確定申告は年末調整とは別にする必要があります。
ご注意下さい。


上記以外の詳細については、国税庁のHPをご覧下さい。

○国税庁 平成25年分 年末調整のしかた
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/nencho2013/01.htm


( 2013/09/28 10:30 ) Category ライフハック | TB(0) | CM(0)

文章の校正方法  このエントリーをはてなブックマークに追加

日常生活や仕事上で文章を書くことがありますか?

STAEDTLERの水彩鉛筆STAEDTLERの水彩鉛筆 / Norio.NAKAYAMA

文章は簡単に書けそうでも、日常から書き慣れていないと意外と書けないものです。
苦労して書いた文章も、間違いがあると、読み手の評価が極端に落ちてしまいます。
これは、校正もしていないような文章は、内容も間違っていると読み手が感じるためです。

ここでは、どのようにして校正すると良いか、私の経験を踏まえてご紹介したいと思います。


1.視点を変えて読み直す

パソコンで書いた場合は画面上で読み直して、その後印刷して再度読み直します。
印刷することで視点が変わり、思わぬ間違いを見るけることができることがあります。

よく、冊子等へ掲載する原稿を書いて、上がってきた冊子を見たときに、即間違いが見つかることがあります。
これも視点を変えてみた効果の一部と考えられます。


2.文の構成を見なおす

文章を書く際には、文の構成を意識して書くと、わかりやすい、そして伝わりやすい文を書くことができます。
これを応用して、校正の段階でも構成を見なおします。

結論が最初に来ているか、具体例を盛り込んでいるか、一文が長すぎないか・・・。
構成を確認することで、「真意」が伝わる文章になっているか確認することができます。
ある意味、「文意の校正」とも言えるでしょう。


3.WORDやネットの校正機能を活用

あまり使っている人を見たことが無いのですが、Microsoft WORDや、ネットのサイトで、文章の校正をすることができます。
例えば、WORD2003ならば、[ツール]-[文章校正]で、単なる表記ミスから表記のゆれまで、色々な視点で確認することができます。
これが意外に便利で、しかも強力です。

文章の校正

また、インターネットのサイトで、校正をしてくれるサイトもあります。
Yahoo!のAPIを利用しているとのことですが、Yahoo!はこんなものも提供しているんですね。
精度の方はWORDの方が良いようですが、WORDを持っていなくても無料で使えるのが強みです。

○日本語文章校正ツール
http://www.japaneseproofreader.com/



4.他人に読んでもらう

視点をがらりと変えて、他人に文章を読んでもらいます。
気をつけないといけないのは、文章にはその人ごとの癖があり、校正してもらった内容が一般的に正しくわかりやすくなるかが不明であることです。
そのためには、やはり自分で論理的に校正する癖を付けることが大切です。



以上、簡単に4つの校正方法をご紹介しました。
お試しください。


伝わる・揺さぶる! 文章を書く (PHP新書)伝わる・揺さぶる! 文章を書く (PHP新書)
(2011/11/25)
山田ズーニー

商品詳細を見る
( 2013/07/07 17:00 ) Category ライフハック | TB(0) | CM(0)

天才肌と努力派  このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事をする上で、自分の行動を改善していきたいと感じたお話です。

Business MenBusiness Men / *USB*


同じような人間が同じように仕事をしているにもかかわらず、こんなにも仕事に対しての考え方が違うのかと驚くシチュエーションが多々あります。
考え方の違いが、仕事への対応の変化につながります。

一歩引いてその「考え方の違い」を見ると、大きく分けて、「天才肌」と「努力派」に分けられる事が多いようにみられます。


天才肌営業系の人種によく見られます。

特徴としては、
・瞬時に回答が返ってくる
・人前で喋るのがうまい
・後悔はしない
・面倒なことはスルー力抜群
・まず鬱にはならない

その反面
・瞬時に返せない回答は、そのまま忘れがち
・こつこつ努力ができない
・約束が守られない


努力派技術系の人種によく見られます。

特徴としては、
・慎重に精査してから返答が返ってくる
・自分の技術を高めるための手段は選ばない
・後から自分の行動をチェックしている

その反面
・人に頼ることが苦手
・自分一人で考えすぎて、仕事を抱えてしまいがち


端的な違いを比喩表現で言うと、「石橋を叩いて歩けるかどうか」です。


例えば、仕事を振ったのに返事がない時の対応についての典型例をご紹介します。

天才肌は、聞いたけどすぐに忘れてしまう、または聞いたことすら覚えていなかったりします。
挙げ句の果てには、自己を正当化するために、あえてスルーしているといったことを嬉しそうに当事者に言い、反感を買う愚行をすることもままあります。

努力派は、自分のToDoリストを振り返り、抜けていたことを悔やみます。
また、過大に仕事を抱えているため、わかってはいても手が付けられない状態となりがちです。
「すぐに対応するから」と返答をしますが、他の締め切り間近の仕事も同様な状態のため、なかなか対応できず、結果他人に迷惑を掛けてしまいます。


仕事は一人で完結できません。多くの場合は複数名による共同作業です。
たとえ、一人でこなした仕事であっても、単にその人が複数名の役割をこなしただけで、可能ならば分担して行うほうが結果としては正しいことが多くあります。

組織はお互いの不足を補い合うことができるようになっているべきです。
スーパーマンは存在しません。もし存在していた場合、その人に依存しがちとなります。
何らかの理由でその人がいなくなったとき、その組織は脆弱な面を出すことになるでしょう。


天才肌、努力派、どちらも一長一短で、どちらが良いとは言えません。
互いに認めあうことを拒否しがちで、これらの不一致が仕事上の亀裂の要因ともなり得ます。

お互いが支え合えるよう、自分を分析し、周囲の関係者をしっかり観察して、滞りなく業務が進むようにしていきたいものです。

「他人の行動は変えられないが、自分の行動は変えられる」
「自分の本質は変えられないが、自分の行動は変えられる」

これを肝に銘じて「自分の行動」を改善していきたいと思います。

( 2013/04/10 00:00 ) Category ライフハック | TB(0) | CM(1)
カテゴリ別

openclose

RSS登録はこちら!


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ニュース
311位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
IT・インターネット
25位
アクセスランキングを見る>>
ご意見はこちらへ
当ブログはリンクフリーです。 特にリンク先の指定もありません。

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。